キッセイ薬品工業の薬剤師採用情報と年収

キッセイ薬品工業の薬剤師採用情報と年収

キッセイ薬品工業の薬剤師の中途採用募集ですが、掲載されていることもあれば、全く募集されていないこともあります。もし募集の出ていない場合には、定期的にキッセイ薬品工業のホームページにアクセスして、募集が出ていないかチェックすることです。キッセイ薬品工業の薬剤師募集ですが、研究職と開発職、MR職のいずれかになるでしょう。研究職はさらに創薬研究部と開発研究部に分類されます。創薬研究部は、新薬を開発するための最初の物質を作り出す部署です。開発研究部は創薬研究部の活動を受けて、新薬の承認申請するために必要な研究や試験を担当します。

開発職も2つの部門に分かれています。開発統括部は、各研究開発部門とともに開発戦略を打ち出すために各種調整を行う部署です。たとえば世界のベンチャー企業が手掛けている化合物の情報を収集し、新薬のもとになりそうなものを見つけるといった業務になります。もう一つの開発推進部は、その開発統括部が見つけてきた化合物などの有効性や安全性を調査するために、病院などに治験依頼の手続きを担当します。また治験の結果が集まり次第、データをまとめ厚生労働省に承認申請するための文書作成にも関わります。MR職は従来通りで、自社の医薬品に関する様々な情報を医療現場の医師や薬剤師に提供するのが主な役割になります。

キッセイ薬品工業に転職した場合の気になる年収ですが、あるサイトのデータを基にすると平均年収は810万円台となりました。これは3423社ある上場企業の中でも218番目、60社ある医薬品業界の企業の中でも19番目の高さです。だいたい製薬業界の平均年収は700万円台と言われていますから、キッセイ薬品工業の平均年収は業界の中でもかなり高めといえます。年収アップのために転職を検討している薬剤師がいれば、キッセイ薬品工業は有力な候補になってくるでしょう。

キッセイ薬品工業は給料が高いだけでなく、福利厚生も充実している点に注目すべきです。たとえば、実家から通勤することができなくて会社の近くに賃貸物件を借りたとします。すると家賃定額補助制度を利用することができ、家賃の一部を会社の方で負担してくれます。その他にも企業年金基金や確定拠出年金制度といった感じで、老後の暮らしも安心できるような制度が充実しています。日本全国にいくつか保養所を抱えていて、社員であれば利用できます。年間休日が120日以上ありますから、休暇を利用して保養所で英気を養うこともできるでしょう。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.