日本新薬の薬剤師採用情報と年収

日本新薬の薬剤師採用情報と年収

日本新薬の求人情報を見てみると、中途採用やキャリア採用に関しては随時募集されていないようです。時期によっては募集が全くない時期もありますから、どうしても日本新薬に就職したいと思っているのなら、日本新薬のホームページの採用情報を逐一チェックして、自分が応募できそうな案件が出ていないかチェックしましょう。

日本新薬の中途採用の募集のパターンを見てみると、どこかの部署で欠員が出て、その補充のために募集が出ることが多いです。MRや学術、研究開発、治験などいろいろな部門がありますから、どの求人なのかをしっかり理解した上で応募するかどうか決めましょう。欠員補充のための募集が多いですから、採用されるとすれば若干名であることが多いです。よって、もし自分の希望の職種で募集が出たのであれば、早めに応募手続きをしないと募集打ち切りになってしまう恐れもありますから注意しないといけません。

日本新薬は、企業薬剤師の実務経験のない人向きの企業といえます。というのも日本新薬では、積極的に新入社員のバックアップを実施して、無理なく仕事ができる環境を整えているからです。たとえばMR職を募集していますが、新人の場合ブラザー・シスター制度というものを導入しています。これは先輩のMRと一緒になって仕事をすることで、仕事をしながら営業方法などのノウハウを身に着けるシステムです。公私にわたってさまざまなアドバイスができるので、MR未経験者でも仕事に戸惑うことがありません。配属されてから半年間は、先輩のMRのサポートが受けられるのでこの期間でMRとして必要なスキルを身に着けることは十分可能です。その他にも学術面のバックアップ体制もしっかりしているといいますから、スキルアップやキャリアアップのために転職を検討している人にはオススメの企業といえます。

日本新薬の初任給を見てみると、大学卒で22万円、修士卒で24万円、博士卒で28万円というのが相場になっています。ちなみに30歳の時点における平均年収ですが、770万円前後で推移しています。この年代の製薬業界全体の平均年収の相場が550万円程度と言われています。そう考えると、日本新薬の給料は年収で200万円以上も高く、給料の面ではかなり恵まれているといえます。勤続年数の平均は19年近くになりますから、長期にわたって働ける理想の職場と考えられます。医薬品の他にも、食品添加物の開発も手掛けていますから、このような分野に興味のある薬剤師も応募を検討してみると良いでしょう。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.