小野薬品の薬剤師採用情報と年収

小野薬品工業の薬剤師採用情報と年収

小野薬品工業の創業はなんと1717年(享保2年)に初代小野市兵衛氏が薬種仲買人としたことから始まる、とても歴史のある企業です。会社の設立は1947年7月4日であることから、安定した企業というのが伺えます。1950年代から1960年代にかけては胃腸薬の「タフマック」や滋養剤の「リキホルモ」などの一般薬を販売していたこともあり、「スチャラカ社員」や「夫婦善哉」のスポンサーとして当時その名を知った方も多いかもしれません。現在では一般薬の事業から撤退して医療用に専業しています。

小野薬品工業の採用状況は、大学や大学院を卒業した新卒を対象にした求人の他、開発職やCMCの関連職、医薬品の安全性監視に関する業務関連職などでのキャリア採用がされています。このような求人情報を的確に効率よく得るためにお勧めしたいのが、薬剤師専門の転職サイトです。薬剤師専門ということもあって、多くの求人情報が常にある状態ですので、非公開求人を含めて良質の情報を得ることができるのが特徴です。それだけでなく、転職サイトに登録してすぐに担当のキャリアコンサルタントがついてくれるため、条件面の交渉や面接・説明会の日程の調整など、働きながらの転職活動では少々面倒なことも代わりに行ってくれるため、有利に転職活動を進める手助けとなってくれます。

小野薬品工業の平均給与は、業種や年齢やポストにもよりますが859万円程度です。新卒者の場合はだいたい400万円前後といったところです。平均年齢が39.8歳ということから、勤続年数が長めということが示されています。大阪に本社を持ちますが、東京や札幌、名古屋、福岡など全国に営業所や支社があります。生産拠点のひとつでもあるフジヤマ工場は、世界に通用するソフトと高い機能のハード部分を持ち合わせています。韓国のソウルにも支店があり、イングランドのロンドン、アメリカのニュージャージーにも現地法人があるように、日本国内だけでなくグローバルな展開もみられます。

小野薬品工業は「病気と苦痛に対する人間の戦いのために」という経営理念のもとに、骨粗しょう症の予防薬や2型糖尿病の新薬を製造していることからわかるように、業績が右肩上がりの優良企業です。創薬はもちろん後発薬の開発に多くの力を注いでいることが要因のひとつと言えるでしょう。上場中の大手製薬会社の中で14番目の売り上げを誇る小野薬品工業は、転職を考えている方にとってかなりお勧めの企業なのではないでしょうか。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.