製薬会社への薬剤師の離職率

製薬会社への薬剤師の離職率

できれば1つの職場で長く勤められたらというのは、誰しもが思うことでしょう。しかし、さまざまな理由で仕事を辞めてしまう人は決して少なくありません。厚生労働省が発表した「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移」によると、入社3年目までの離職率は平成24年が32.3%、平成25年は31.9%という結果が出ています。離職した理由には健康上やむを得ないものも含まれているでしょうし、実にさまざまなものが考えられるわけですが、職種別に見てみると離職率が高いものの一つが営業職です。営業の仕事といえばハードというのが一般的なイメージなのではないでしょうか。薬剤師の場合でいうと、製薬会社のMRがこれに当たります。MRは、お医者様や医療機関に自社の医薬品や医療機器を販売するのが仕事です。

確かに、営業の仕事となると、飛込み営業で神経をすり減らしたり接待で毎晩帰宅が遅く肉体的に疲れ切ったりと、激務であることは否定できないでしょう。MRも、休日を返上して医者の研究会に出席しなければならなかったり自社の医薬品を何とか売り込んだりと、簡単な仕事ではないことは容易に想像がつくものです。一方、同じ製薬会社の薬剤師であっても、研究開発職となると話はまったく違うものになります。研究開発職は、新薬の開発をしたりその安全性を確認するというのが主な仕事です。薬剤師の花形ともいえる仕事ではありますが、薬剤師の資格がなくても職につくことは可能なことから競争率は非常に高く、求人自体が極めて少ないことから、転職するのは至難の業といわれています。

このような状況から、製薬会社で働く薬剤師は主にMRといえます。その離職率は、入社3年目までで30%程度といわれています。ただし、実際のところは離職率が高いことは企業イメージを損なうものでしかありませんので、公表しているところは稀ともいわれています。また、会社によって勤務環境は大きく異なるので、入社する製薬会社によって離職率も変わってくるでしょう。一般的に会社を離職したくなる理由には、長時間労働や労働に見合った給料をもらえない、休日出勤が多くてプライベートが充実しない、といったものが挙げられます。そして、MRが退職理由として挙げているものには、転勤、長時間労働、給与が安いといったものがあるといわれています。MRを転職先として考えている場合、この3点について十分に確認しておく必要があるでしょう。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.