製薬会社への薬剤師の採用時期

製薬会社への薬剤師の採用時期

どの職種でも人員が不足すれば中途採用を積極的に行うものですが、職種によって転職に最適な時期というものがあります。製薬会社の薬剤師の場合、転職に最適なのは年明けと言って良いでしょう。製薬会社の場合は11月から12月にかけてボーナスが支給されるので、この時期に退職する人が増える傾向にあるからです。また、製薬会社には国内企業の他、外資系企業も盛んに進出しているという特徴がありますが、外資系企業の場合、会計年度が変わるのが1月または2月ということが多いことも理由に挙げられるでしょう。区切りとなる時期には、1年で最も多い採用人数となるわけです。

製薬会社の薬剤師は年末または1月に人材を増やしたいわけですが、そうなると募集が出されて選考がおこなわれるのは9月ころから10月の終わり、長くても11月初旬ころまでとなります。つまり、8月の終わりくらいから本腰を入れて求人チェックをしておくのがおすすめです。この他にも、新入社員が採用される4月に中途採用者も採用されることは少なくありませんし、夏のボーナスが支給される7月から8月にかけても募集はたくさん出ることが多いです。

製薬会社ではなくても薬剤師として十分に経験を積んできている人なら、少ない枠内での中途採用試験にパスできる可能性は高くなります。しかし、資格はもっているものの経験がほとんどないという人や、さまざまな事情でブランクがある人などは募集人数が多い時期に向けて転職活動をすると成功しやすくなります。やはり中途採用となると、採用する側からすれば即戦力を期待しているのが普通です。もしも枠が少なくて同時に経験者が応募していた場合には、経験者の方が優遇されることは致し方ありません。

ただ、製薬会社一口にといってもさまざまな会社があります。国内の医薬品メーカーに加えて、前述のように外資系企業も最近は随分と増えてきていますし、ジェネリック医薬品メーカーも同じく近年注目を浴びている企業です。他にも、製薬会社から販売部分に限定して委託を受けている企業など、非常に多くの会社が存在しています。それぞれの企業の特性から、採用時期は微妙に異なるのは当然のことです。自分が転職して何をしたいのかを明確にしておくとともに、常に募集情報にはアンテナを張り巡らしておくと良いでしょう。自分の希望するものと近い企業が募集を始めたら、とりあえずエントリーしておくことが転職を成功させるコツです。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.