製薬会社への薬剤師の仕事内容

製薬会社への薬剤師の仕事内容

薬剤師の中には、製薬会社で勤務している人も少なくありません。薬剤師が製薬会社で勤務する場合、大きく4つの分野のいずれかに従事することになるでしょう。まず研究職ですが、医薬品を開発するにあたっての研究を担当する部門で、製薬会社の薬剤師の中でも花形と言われる仕事です。研究部門も多岐にわたり、病気が治るメカニズムなどを研究する基礎研究分野から、新薬に向けた研究など多岐にわたります。研究職で勤務している薬剤師を見てみると、薬科系の修士課程以上を修了している人が多い傾向も見られます。

2つ目の業務は開発職です。先ほど紹介した研究の結果、化合物がいろいろと挙がってきます。この化合物が安全かつ有効かどうか、臨床試験の担当をするのが主な業務になります。臨床試験を行うにあたって、プロトコルと呼ばれる計画書を作成します。この計画書に基づき、病院などの医療現場で医療スタッフの協力を得ながら治験を実施していきます。新薬開発者と病院の医療スタッフの仲介の役割を担っていて、コミュニケーションスキルが要求されます。

3つ目の業務はMRと呼ばれるものです。MRとはMedical Representativeの略で、医療情報担当者と日本語に訳されます。自社で開発した医薬品の情報に関して、医者や薬剤師など現場のスタッフに提供する仕事になります。よくMRについて「製薬会社の営業マンのようなもの」と紹介されることがあります。確かにそのような一面もありますが、自社製品の売り込みというよりも、自社で販売している医薬品の情報提供、現場で使用した時の情報を収集することの方がメイン業務になると思ってください。営業マンというよりも、医療現場における薬のアドバイザーといった方が表現としては適しています。

最後が学術・DI業務です。学術業務とは、医薬品情報を最新の報告書や関連文献などをベースにして資料作成などを行う仕事です。医薬品は日々進化して、新薬もどんどん出てきます。このため、データをアップデートする必要があるわけです。文献の中には英語のものも多いですから、語学力のある人向きの業務といえます。DI業務とはDrug Informationの略称で、医薬品情報の管理業務といえます。医薬品関連の文献の検索とか、それに基づく資料の作成などが主要な仕事内容になります。このように製薬会社の薬剤師にはいろいろな仕事内容がありますから、興味の持てそうなこと、自分に適していそうなことを見つけて応募することが大事です。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.