製薬会社への薬剤師の初任給

製薬会社への薬剤師の初任給

製薬会社で薬剤師が勤務した場合、初任給は月給で22万円前後というのが相場だといわれています。そして初年度の年収ですが、300〜350万円といったところです。大卒の一般的なサラリーマンの月収が19〜20万円、初年度の年収は200〜230万円程度と言われていますから、薬剤師は確かに恵まれていますが、国家資格を持っている割にはそれほど優遇されていないイメージを持つかもしれません。しかし製薬会社の薬剤師の待遇を見る場合、初任給以外にも福利厚生をチェックする必要があります。

製薬会社を見てみると、会社の規模の大小に関係なく福利厚生のしっかりしているところが多いです。まず基本的なことですが、社会保険や厚生年金基金がついていますから、もしものときでも安心です。その他にも大手の製薬会社を中心に、日本全国にあるリゾートホテルなどの施設を格安料金で利用できる制度を整備しているケースも多いです。また薬剤師は女性の占める割合が多いといわれていますが、製薬会社では女性の働きやすいような福利厚生もいろいろと用意しています。たとえば産休や育休を完備しているだけでなく、取得率も高いです。また育休から仕事復帰する場合でも、時短勤務を認めるなど、ママさん薬剤師はキャリアを継続して、かつ家事や育児との両立も無理のない範囲で行えるような配慮をしています。もし育児が大変でこれ以上仕事を続けられないという場合でも、退職金制度のある会社が多いですから、結婚してからも長くキャリアを積み重ねていきたいと思っている人向きの就職先といえます。

製薬会社は病院の薬剤師とは違って、土日や祝日などカレンダー通りの休日になることが多いです。このような側面全体を見ると、薬剤師の初任給は決して恵まれていないものの福利厚生をその上に積み重ねれば、かなり恵まれた職場と言えるはずです。

製薬会社は外資系が多く、能力主義がより重視される土壌にあります。このため、入社してから頑張って結果を出し続ければ、初任給は安くてもどんどん給料がその後アップする可能性も十分考えられます。製薬会社勤務の薬剤師の中にはMRと言って、医薬品の情報を病院の現場のスタッフに提供する仕事があります。大手製薬会社のMRで勤務する薬剤師で30歳以上の平均年収が1000万円程度になるといいます。入社して5〜6年で、初任給の3倍近くの給料に跳ね上がることも夢ではなく、やりがいのある職場と言えるでしょう。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.