製薬会社への薬剤師の転勤

製薬会社への薬剤師の転勤

休日が取りやすいなど待遇に恵まれているのが製薬会社勤務の薬剤師ですが、その一方で転勤が多めというデメリットもあります。企業によっても異なりますが、早ければ2年、平均すれば4〜5年に一度のサイクルで転勤しなくてはならないというところがほとんどです。

確かに、マイホームやマンションを購入したりすれば、その土地から離れることは勤務者にとって大きなデメリットでしかありません。しかし、一般的に転勤とは将来的に出世を考えるのであれば喜んで引き受けるべきものという側面もあるでしょう。社員を転勤や異動させれば、それだけ会社にはコストがかかっているということなので、それだけ意味のあることだともいえます。とはいえ、やはり転勤があるかどうかは転職の際の重要なチェックポイントに違いありません。

製薬会社の薬剤師の中でも、転勤が多いのがMR(医薬情報担当者)の仕事です。製薬会社も大手ともなれば、全国各地にたくさんの支社や営業所があるところがほとんどなので、数年おきの間隔でこれらを回っていくのが普通です。中には10年近く一か所で働けることもありますが滅多にないケースと言って良く、前述のように4〜5年というのが平均した一か所の勤務年数です。しかし、中小規模の製薬会社となると支店の数も限られてくるので、場合によって一度も転勤なしで勤務し続けられることも十分に考えられます。どうしても転勤が嫌という場合には、中小規模の製薬会社に絞って活動するのも良いでしょう。小さなところであるほど、家庭の事情などを考慮してくれる可能性は高くなるものです。現在は、親の介護などさまざまな事情を抱えている人も多いので、譲れない条件があればあらかじめ提示しておくことが必要です。

また、転勤なしでMRとして働くなら、コントラクトMR(CMR)と呼ばれる雇用形態で探すのも一つの方法です。MRは一般的に正社員として雇用されますが、コントラクトMRは、勤務地限定で働く派遣型のMRのことです。雇用先となるのは製薬会社ではなく、CSO(医薬品販売業務受託機関)と呼ばれる機関で、製薬会社から外注されてMR業務を代行するのが仕事となります。正式にいえばCSOとは正社員として雇用されることになるので、他の職種でよくある派遣社員とは実情が異なります。他の派遣社員であれば雇用期間が決まっているので長く勤めることはできませんが、コントラクトMRは雇用期間が特に決められていないことから安定して働くことができます。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.