製薬会社への薬剤師のやりがい

製薬会社への薬剤師のやりがい

製薬会社で働く薬剤師のやりがいですが、なんといっても大きいのは収入の良さでしょう。製薬会社は外資系の企業が多く、実力主義を採用しているところが多いです。このため、きちんと仕事をしていれば給料でしっかり報いてくれるケースが多いです。もちろん結果が出ないと給料は低い、ヘタするとリストラの対象になるなどのシビアさもあります。しかし30代の製薬会社で勤めている薬剤師で年収1000万円近くを稼いでいるケースも珍しくないです。これだけの収入を得ている薬剤師は、他の職場ではなかなか見られないでしょう。

製薬会社の場合、いわゆる大手企業が多いのも特徴です。このため福利厚生のしっかりしているところが多いのも、薬剤師にとっては魅力的です。給料は見た目パッとしないものの、各種手当を充実させている製薬会社もあって、手当を上乗せするとかなりの給料になるケースもしばしば見られます。また産休や育休の制度も整備されているので、女性の薬剤師にとっても魅力的です。仕事をするにあたってのバックアップがしっかりと整っているので、従業員も仕事に邁進しやすいというメリットがあります。

製薬会社で薬剤師をしていると、何らかの形で新薬開発に携わることになるでしょう。研究や開発以外でも、商品化するための治験とか販売された後でその医薬品の有効性を医療関係者に伝えるMRなど、ほとんどの仕事が新薬の開発に何かしら関係してきます。自分が関わった新薬が販売されることで、病気で苦しんでいる人たちを救えるかもしれません。医薬品の種類によっては、今まで救うことのできなかった患者の命を救える可能性もあります。もちろん、病院や調剤薬局でも患者の苦痛を和らげることはできるかもしれませんが、その数は微々たるものです。しかし、製薬会社で新薬開発に何らかの形でかかわっていれば、日本中の老若男女を救えるかもしれません。これは薬剤師にとっては、大きなやりがいと感じられるはずです。

製薬会社の場合、ほとんどのところがカレンダー通りの休日になっています。土日や祝日は基本的に休みというところが多いですし、お盆休みや年末年始も長期休暇を設定している傾向があります。しっかりと休みが取れますから、仕事の息抜きをして、また次の仕事に活力を持って取り組めるのも、製薬会社で勤務する薬剤師のやりがいになっています。また一部製薬会社では、カレンダー以外でも長期休暇がとれるようなところもあって、ライフワークバランスに優れた職場と言えるでしょう。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.