製薬会社への薬剤師の残業

製薬会社への薬剤師の残業

製薬会社は、待遇が良いことから薬剤師の転職先として高い人気を集めていますが、その分、人手不足で残業が多いのではないかと心配になる人も多いのではないでしょうか。年収が特別高くなくても定時に帰れた方が良い、子育て中なので長時間の勤務であれば避けなければならない、といった人もいることでしょう。残業の有無は転職前に確認しておくべき重要事項の一つです。

薬剤師の転職先には、製薬会社の他にもドラッグストアや調剤薬局、病院、クリニックなどが挙げられます。この中で残業が多い傾向にあるのはドラッグストアといえるでしょう。製薬会社勤務は他と比較すればそれほど残業は多くないというのが一般的です。製薬会社の勤務時間は労働基準法に定められているように基本的に8時間、週に40時間となります。企業によって多少の違いはあるものの、お昼には1時間程度の休憩をはさむので、終業は夕方の5:30〜6:00といったところがほとんどです。ただし、薬剤師の場合はフレックス制を採用している企業も最近は増えてきています。厚生労働所の行ったアンケート調査によれば、薬剤師の1か月の平均労働時間は160時間という結果が出ているので、週に5日、月に20日働いたとすると1日の平均勤務時間は8時間と計算することができます。

製薬会社における薬剤師が担当する仕事の一つは、かつては「プロパー」と呼ばれていたもので現在は「MR(Medical Representatives)」と呼ばれています。任されたエリアの病院や薬局を巡回し、勤める製薬会社の医薬品の販売促進活動を行うとともに、製品のクオリティや有効性、安全性、適正な使用法などさまざまな有益な情報を病院や薬局の担当者に提供するのが仕事の内容です。取引先との打ち合わせが入れば、前日は残業して資料作成することもあるでしょう。

MRは薬学部以外の学部の出身者でもなれますが、薬剤師がこの職についた場合には、企業からはより専門知識を活かした薬物治療に関するアドバイザーという役割が求められます。また、管理薬剤師ともなると、監督官庁などに許認可申請の届出をしたり、医薬品の在庫管理、教育研修の他、ドラッグに関する問い合わせに対応するDI(Drug Information)と呼ばれる業務を兼任するなど、仕事の幅はさらに広がっていきます。業務内容が多くなる管理薬剤師は、場合によっては残業が発生することも十分に考えられます。もしも残業ができない事情がある場合には、あらかじめエージェントに伝えておくと良いでしょう。

製薬会社向けの薬剤師の転職サイトランキング!人気No.1サイトは?

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>製薬会社向け薬剤師転職サイトランキング・2位以降を見る

製薬会社の
薬剤師求人探しガイド

製薬会社に強い
薬剤師求人サイト

製薬会社への
薬剤師転職の基礎

製薬会社別の薬剤師求人

相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 《製薬会社の薬剤師求人探しガイド》-人気No.1サイトはココだ- All Rights Reserved.